2008年12月30日

中国紀行#02

DSC01819.JPG

 前回ご紹介した無理やり時間捻出術でどうしてもいきたかった
 「万里の長城」
 ここはその中でも八達嶺。
 北京からいけるおもな所は3箇所でそれぞれ見える景色は違い
 場所によっては一部ロープーウェイなどもある様です。

DSC01813.JPG
 ここ八達嶺は写真の入り口から右(女坂)と左(男坂)かあり
 初めての方は女坂側がおすすめでその理由はのぼり易く景色は綺麗
 ただ、その日はメチャクチャ寒くてたぶん下の外気温は0℃くらい
 上に上がったところは風がありその風はたぶん-10℃くらい
 たぶんそのときいったどこの冷蔵庫よりも寒かった。
 どこまでも続くまさに長城。本物はやはり感動でした。
 どんな高性能なカメラでもその感動は伝わらない。
DSC01822.JPG
 北京市外への帰りに
 オリンピックメインスタジアム「鳥の巣」
 そのすぐ横があの北島の泳いだプールでした。


 その後北京の下町散策「胡同ーフートン」

DSC01840.JPG

 昔ながらの中国を感じる事ができその街の中を荷台付き自転車に
 乗せてもらって実際にまだ住んでいる民家にお邪魔しました。
 家の扉はキョンシー映画そのもの、中は小さな中にはのある昔ながらのつくりでした。そのまわりの近代高層ビルとのギャップが面白い。



ここから翌日
故宮(紫禁城)
完全にラストエンペラーの世界です。
DSC01852.JPG

天安門広場から、毛沢東の肖像画をみながら門をくぐると
紫禁城・・・・明と清王朝の王宮です。
最後の皇帝溥儀が1911年に退位するまでここを封建統治の
中心としてきした。
ほんとつい最近ですよね

DSC01874.JPG

中に三大殿(太和殿、中和殿、保和殿)とあり
太和殿(写真)の中に玉座があります。

ラストエンペラーの最後に年老いた溥儀が
そこからコオロギをだすのがラストシーンでした。

DSC01881.JPG


玉座の周りの4本の柱は金が塗られているそうです。





DSC01917.JPG
最後はこの赤い高い壁
溥儀が自転車でこの間をはしるシーンもありました。


こちらも本物、
そのスケールの大きさにびっくりさせられます。
しかも、中国はオリンピックに備え故宮を大改装しています。
そのため太和殿などまその外壁もピカピカでした。
是非また行きたいです。

一つだけ見落としています。
それは故宮を抜けたところに作られた公園(景山公園)の
小高くなった所から故宮が一望できるのですが
今度はぜひ・・・


中国の歴史は長く、いろいろな山場がありますが
日本の歴史の戦国時代や幕末の様に三国時代や、近代改革の時代は
面白いですね。
アヘン戦争・南京条約・辛亥革命・孫文・蒋介石・中華民国・
日本介入→満州国・毛沢東・中華人民共和国・周恩来・ケ小平と

どうですか
なんとなく世界史でのイメージがもどります。

また、帰ってきてすぐにラストエンペラーも見てしまった。

ジョンローンはかっこよかったがどこいったんやろ



















posted by ヨシ at 01:49| Comment(0) | ザ・バイヤー(食材情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

中国紀行01

中国から帰ってきてから風邪ひいた事もありなんか気が抜けてしまって
ブログもなかなか更新できずに今月は過去最低の記事数となってしまった。
どうも構えすぎてうまく書こうとすると余計にできない様に思う。

ただ少しづつでも続ける事が大切なので
三日坊主ならぬ、三ヶ月坊主にならない様頑張ります。

DSC01704.JPG
 前回の出張の件ですが
 今回、先の記事にもあった様に仕事さぼって(調整して)
 北京に行きましたがそれ以外にも珍しい所に行ったので少し紹介します。
 
 朝靄の中、ほとんど凍りついている川に橋は浮かび上がったいます。
 ここは中国と北朝鮮の国境、丹東(タントン)です。国境となる川はヤルジャン川、橋はヤルジャン大橋です。
 大連から車で約3時間半もかけて行きました。
 ここはアサリの加工工場がおおくどれもレベルは高いので
 日本国内での評価も高いです。そういった工場は他の魚の加工も行っていて、今回そこでさばの加工を実施します。

DSC01709.JPG
 こちら(中国側)から見る北朝鮮はいかにも質素で
 昨夜よるも着たのですがネオンや証明もほとんど見えませんでした。

 それに対抗するように中国はネオンはビカビカ
 街も整理されていて、大好きなオブジェや写真の様な旗が
 その繁栄ぶりを見えつける様に並んでいます。

近づいたら撃たれるではないか?
などといいながらも
ただ朝の空気の冷たさ(マイナス4℃)にガチガチ震えていました。



ホテルも結構いい所があって
新しくて綺麗だったのですがそこでびっくりトラブル発生exclamation&question
お決まり接待で飲んで帰ってきて暫くしたら、メーカーの担当が
私の部屋に飛び込んできて「今、公安(警察)が僕の部屋に急に入ってきました。」
「ここには来ませんでしたか?」との事
はじめは、例の(前の記事にもある)オネエちゃん(小姐)持ち帰りの取り締まりかと思ったのですがどうやらそうではなく、その地域は北朝鮮に近い事もあってそういった取り締まり(恐らく麻薬)は多いのだそうだ。


しかし、もしカラオケで変な気、起こしてたらかなりビビるわな・・・

でも、それホテル側がなんとかしろよむかっ(怒り)
いきなり警察、部屋にいれるなよむかっ(怒り)

ちなみにそのホテル、デポジット(最初に保険としてカードで仮に数千元払い→あとで取り消す)システムの処理を間違って取り消されてなくてそのまま請求がきたとメーカーの担当は起こっていました。(只今調査中)

明日は、北京観光の紹介



↓  ↓  応援よろしく
コピー 〜 banner2.gif





posted by ヨシ at 02:00| Comment(0) | ザ・バイヤー(食材情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

中国出張の裏技♯02

あかん、風邪ひいたがく〜(落胆した顔)
メチャクチャ寒い中国、なかでも北京は最低−8℃、最高−2℃と
かなり気合いれて、ホカロン貼りまくって万里の長城のぼったのに
帰ってきてから「なんや大阪あったいやん」などと思っていたらいきなりやられた。
しかも中途半端熱37.5度これじゃ会社休めない。とりあえず医者にいって薬貰って出勤しました。

前回のタイトルが「裏技」なんて書いてしまったので
知り合いの男性読者からは「肩透かしや」と言われました。
どうやら、エロの方を想像したみたいです。

ブログでエロネタもどうかと思いますが熱もあることですしたまにはいいか
(どんな理由やねんむかっ(怒り)と突っ込まれそうですが)

では・・・・
「中国のエロ=カラオケ」と少し知っている人は思うのですが
実はカラオケにタイプが幾つかありまして

タイプ01・・・日本と同じ個人のグループで部屋を借りるもの
タイプ02・・・軽いラウンジ的なもので横にオネエちゃんが座るもの
タイプ03・・・上の内容と変わらないがお持ち帰りできるもの
タイプ04・・・日本のクラブ的な内容で少し高級(お持ち帰りなし)

基本的にはカラオケなのでお酒のんで歌をうたう所です。(日本の曲もある)
接待の場合、アテンド側(案内する取引業者)はよかれと思い大体タイプ03に連れて行きます。その場合もお持ち帰りは自己判断で、接待の枠はそこまであとはコストも自分持ちとなります。
私は基本的にノーサンキュでそこまでです。
ですから最近は、そのやり取りがカッたるいので初めからタイプ04希望としてます。そうするとそういうところの女性は他のタイプのオネエちゃん達と違い日本語もペラペラなんてのも多いです。半分中国語教師みたいにいろいろ中国についてやアホなスラング(俗語)なんかも教えてもらって話は弾みます。(たぶん鼻の下は伸びてると思うけど・・・)
上記のタイプ03までの場合、日本語まったくなんてのも多く、その場合筆談(紙に書く→漢字なのである程度理解できる)しかし限界はすぐで漢字の使用方法が違うのでこまる。でもアテンド側はヤルだけなら言葉いらないでしょ?と連れて行く場合がありそんな時は私的には露骨に不機嫌になってしまう。でもアテンドする担当が若い場合は期待して行ってる場合もあるので「俺帰ってからも一軒いっていいぞ」と言っといてやると少しうれしそうな顔をする。

しかし、初めて行った時はド肝抜かれるました。
かなり広し部屋でしたが、いきなりオネエちゃんが約20名くらい入ってきて「はい、選んでください」しかも全員チャイナドレス

ウハウハよりむしろビビリます。
最近なれたけどこのスタイルは上の02から04もほぼ同じです。
日本の様に興味のないのが横に座る事はないです。

あ、それからエロ料金は数年前まで安かったみたいですが
最近は日本も下がっているのであまり代わらないみたいです。
むしろそのアテンドの若者に聞くと高いとすら感じる。

最後にそのスラングで一つ覚えてのが

色狼ーイロ・オオカミexclamation&question(シオランと発音)

これでスケベの意味だって・・・・字、見ただけでその時間中笑えた
(アホです。・・・・どうせならもっと他のこと勉強してこい)



結局いらんことを書いてしまった。
でもこんなネタって結構アクセス数増えたりするかな?
でも「中国風俗」みたいにドクドクしく書いてないからそうでもないか?

まっ熱あるんでお許しください。


↓応援お願いします。

コピー 〜 banner2.gif


posted by ヨシ at 10:43| Comment(1) | ザ・バイヤー(食材情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

中国出張の裏技


本日帰国。
その前の記事にある様にかなり強引なスケジュール(年末ばたばた中)に
4泊5日での中国出張。

今回は「さば」です。
「さば」についてのこだわりは強いためそれだけで記事が何枚にもなります。
そのため、詳細はいづれ書く事にして、今回はさば関係4工場に3日あててあり前後2日は殆ど移動日。
その3日の中でも大連・丹東・煙台→北京と移動する。

まず出発を日曜にしてしてしまう。(ヨメからの文句は付きます。)
3日間の予定の中での移動に朝一便や夜ラスト便の飛行機をうまく混ぜる。
それによって3日4工場を2日で終わらせ、最終の帰り便を関空へのラスト便に
する事で乗り継ぎだけの北京のところに1日半の時間を捻出。

捻出してどーするかexclamation&question
発想はメチャ簡単
「万里の長城」と「故宮(紫禁城)」見たい

過去中国へは10回以上出張して中国らしいモノを見たことがない。
国内の三陸の工場に行くのとあまり変わらない感覚。

これは通常のメーカーの中国食材(水産)を担当している人にも同じらしく
殆どの観光なんてした事ないそうです。

でも、その国の文化や歴史を見るのは観光は手っ取り速い手段です。
業務上で自分のOFFを混ぜてもいくべきだと思います。

でも実際みたら感動ぴかぴか(新しい)

しかも、北京の空港から約70キロもいけば見れます。
時間にして1時間15分くらいでした。

前日北京入りすれば、翌日の最終フライトなら
両方いけます。
ちょっとお金だし、向こうのガイドをつけて移動すればかなり効率よくなります。

詳細や写真は明日以降で紹介します。


コピー 〜 banner2.gif
右斜め上右斜め上右斜め上
応援お願いします。


posted by ヨシ at 01:05| Comment(1) | ザ・バイヤー(食材情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

タイガー・ジェットシン仕事術

なんか久々ふらふら
来週、日曜からまた中国です。
今回は、「さば(ノルウェー産)」の加工確認で3工場4泊5日

この年末の忙しい時にそんな出張を入れるものだから
今週の業務が大変、大変

で、そんな中、気づいた事が一つ
今まではどんな業務でも、後回し後回しでズルズルひっぱてしまう
癖ってだれでもあると思うけで来週からほぼ一週間出張+しかも
帰ってきてもすぐ年末→年末年始の業務のまとめほとんど
今週中にしなければならない状況・・・・・かなりのあせりたらーっ(汗)

そこまでいったらさすがに無駄な動きがなくなりますね。
というか、無駄は許されなくなってきます。
この4日間殆どの業務、走りながらこなし、量も結構ありました。

その中で思い出したのが最近読んだ本
「脳を活かせる仕事術」茂木健一郎の中に出てくる一節
(この本の読書日誌は後日)

タイガー・ジェットシン仕事術
我々の年代の特に男性なら知っているあのプロレスラーの話。
茂木の本でそこまでくだけて書く事に面白さは感じる。

入場するやいなやゴングが鳴る前に、サーベルを抜いて暴れ周り
会場は興奮の坩堝と化し。場外乱闘が続いたあとアナウンサーも
「あ、いまゴングが鳴りました。・・・」なんてね
演出がうまいです。

プロレスの核心は選手の熱い戦いで、タイガー・ジェットシンは前置きなしに
いきなり戦い始める事で核心をつかみ観客の心をつかんだ・・・

それはまったくビジネスの世界でも同じで
お天気の話から延々と話し、そろそろ本題ではいささかスピード感に
欠けると、茂木氏は言うわけです。

時間に追われる事でこの部分が身にしみます。
そのためここ数日の商談なども
「いきなり本題それから・・・」
スピードを上げ、判断もできるだけ引きづらない。
いままでは「また考えときます。」・・・・そのまま忘れる事が多いのにそれで誤魔化してきた部分もあったと思う。

イエス・ノー・数量なんぼ!もその場でできるだけ決める様し
時間も決めて実施する。

やればやるほど
よくこんなにあるなと思うくらい次々くるね〜
ほとんどジェットコースター状態でしたがなんとか最低ラインは確保できたかな

しばらくこのタイガー・ジェットシン仕事術使ってます。

↓ ↓  応援お願いします。
コピー 〜 banner2.gif

posted by ヨシ at 01:29| Comment(0) | 激務との戦い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

繁盛ペットショップ

DSC01685.JPG


最近お世話になっているペットショップは
どうも繁盛している様でスタッフの数が行く度に
増えている様な気がする。

トリマーさんも2人くらいだったのが
5人くらいになっていた。
いつものトリマーさんは腕はいいのだけれど
お客への対応に少し問題あるかな?
ホンマにペットの事好きなんかな?
と、思わせるタイプでした。

しかし今回の新メンバーはみんな若く元気な女の子ばかりで
お店の雰囲気もなんか変わった気がする。


毎回トリミングには2時間半くらいなのですが
少し早く着いたのでトリミングルームの窓から
中を覗いていたら
ウチのワンコも名前呼ばれながら気持ちよさそうにカットされていました。
おまけに、名前呼ばれるたびに尻尾ブルブル振っていました。
他の人にそこまでなつく事はあまりないのだけれど

本当にペット好きな人の事はワンコなりにも分かるみたいです。

しかしあの喜びかたななんか違う気がする。
「ムム、お前も♂よの〜」
・・・・若い女の子には弱いのか!!




いままでになかった
トリミング時のカルテ(お客用)なるものもつくられ
作業されている時の様子や、いまの毛や皮膚の状態まで
その中で報告してくれ、少しづつほめ言葉が散りばめられている。
親ばか(私とヨメ)ですからそんなんだけで
ここサービスよくなったと思ってしまいます。


・・・・繁盛の秘密はたぶんこんなところにあるんですね。きっと




おまけ、マリモちがうよ
DSC01694.JPGコピー 〜 banner2.gif





posted by ヨシ at 00:50| Comment(1) | ペット(愛犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

08ヒット商品番付

今日は2008年ヒット番付
2つありネット等で見られるSMBCコンサルティングが発表するものと
日経のだすものとあり内容は少し違う。

SMBCコンサルティング版
http://life-cdn.oricon.co.jp/60534/full
こちらは横綱不在(ちょっと厳しい)
大関:アウトレットモール:5万円パソコン
関脇:篤姫:生キャラメル
小結:ランニング&自転車:Wii Fit

日経MJ版
横綱:ユニクロ:PBブランド
大関:5万円パソコン:Wii Fit
関脇:ブルーレイ :パルックボールプレイミアム
小結:円高還元セール:プレミアムコーヒ(マック)

全体的に低価格支持→生活不安といったところです。
その他前頭にもいろいろあるのですが
個人的に一番面白くて、「これいいやん」と思わせたのは
ミツカンの「金のつぶ あらっ便利」
容器を変えて、その中にゼリー状のタレを入れたもの。

よく今までもありますが
あの小さい小袋破るときに、確かに「どこからでも」って
書いてあるのだけれど、どうしても手についてしまいます。
その指なめてから、納豆混ぜます。

ただ、個人的に今は納豆好きですが子供の頃は食べれなかった。
母親が嫌い・・・昔の大阪人はあまり食べない。
遅咲きの納豆デビューだったためか辛子は必須なのですが・・・・

ミツカンによると、来年の9月に向けてほとんどの商品があの容器になるらしいです。
おまけに、ミツカンチルド(納豆部門)はタカノフーズを超えて
いまや業界トップになろうとしてます。

http://www.mizkan.co.jp/chilled/index.html#special

横綱のBP商品は各スーパー等の自社ブランド商品(プライベートブランド)で
セブンプレミアムやトップバリューですね。

ユニクロも含めてこういった低価格の支持が増えるのは
景気減速や金融不安、原油高など、消費者にとっては
生活防衛意識が芽生えた年だったからかもしれません。


逆に食品メーカ−は苦しいですね
原料の値上げで値上げをせざるを得ない時に
売ってくれる筈のスーパーがPBばかり力入れて売るのですから。
スーパーとしてもPBを売るほうが儲かるのですからメーカーモノより力入ってます。

でも各PBはよくできています。
作っている工場が無名なだけて品質管理をスーパー側がするのですから
間違いはないですね。
メーカーが生き残るためには価格を下げるのではなく
その品質がお客に選らばれるモノを追及し続ける事です。

個人的には
マヨネーズは絶対QP
お好みソースはオタフク

それ以外はPBでもいいかな

↓ ↓  ↓  ↓
応援お願いします。
コピー 〜 banner2.gif

posted by ヨシ at 01:12| Comment(0) | 勝手にマーケッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

アラフォーと流行語

毎年師走の風物詩「流行語大賞」ですが
今年は「アラフォー」」「グ〜」だそうですね

個人的には上野の413球を応援していました。

また職業がら「メタミドホス」「メタボ」「名ばかり管理職」はチェックポイントでした。

アラフォーはアラサーという既存概念から派生した言葉。
アラサーとはアラウンドサーティー(around 30)を略した言葉で「30歳前後の女性」を指し
2005年末に創刊した女性誌「ジゼル」が使い始め、主にアパレル業界に広まった。

なんでも自主性が強く、オシャレで派手好みなのが特徴なんだそうです。

その天海祐希のドラマま見ていませんがいまや「アラフォー」がトレンドリーダーといったところでしょうか。

たとえば雑誌
世間で月刊誌の低迷も話題になっていて 休刊が相次ぎ、出版不況に拍車がかかっている。
原因は携帯電話や ネットを含めて情報の速さに加え、活字離れ。町の小さな“本屋”さんの減少 といった
ところでしょうか?

漫画も苦戦で「ヤンサン」は休刊ですね。
たしか 「Dr.コトー」や「クロサギ」もヤンサンだったと思うけどこの原因は携帯コミックでしょう。
こちらかのヒットも多し最近の話題も多いです。

で、結局元気なのが 「アラフォー」雑誌
理由はファッション誌に情報 を求める傾向が強く新しい物好き。
女子大生ブームやバブルを経験した40代女 性は「トレンドリーダーの自負」があり、
市場を引っ張る。

これからモノを売るならターゲットはここでしょうか
でもここに向けたレストランって難しいんだよな。
ただ、一人ごはんなるものも世間では多くなってきているみたいです。

なにはともあれ
今年も女性の強さの目立つ歳でした。
オリンピックでの活躍も女性の方が目立つし
馬までウォッカ(牝馬)です。

逆に男性代表総理大臣はどれもヘナチョコで
「あなたとは違うんです」とか訳のわからない事いってそれが今回の流行語のトップ10に入って
しまってます。


ま〜世間のアラフォー含め、女性の皆様
残り少ない今年と
そして来年についても
お手や柔らかに・・・・・



今回の記事がおもしろかったら
応援ポチしてな
↓  ↓  ↓
コピー 〜 banner2.gif

posted by ヨシ at 00:38| Comment(0) | 勝手にマーケッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。