2009年02月21日

今度はベトナム

定期大会も終了し必死の3週間が終わり
春メニューの段取りもある程度できたので
精神的に少し楽な今、また海外への出張へ行く事にしまた。

今度はベトナムかわいい
はじめてなので、全然どうなるか分からないけど
やる事は一緒でまたサバを切りに行きます。

昨今の中国の食に対する問題で
どの企業もカントリーリスクという事を考え
タイやベトナムへ工場の一部をシフトしている場合が
ここ最近では多い。

ただそういった水産加工でその後も冷凍保管になるものなどは
インフラの部分での不安はやはいあるな〜

実際今回いく工場も首都のホーチミンから車で約4時間らしい
それも中国のように舗装されたみちばかりではなく
かなりのデコボコらしいです。

さてどんな出張となります事やら・・・・


ちなみに今回も「どうせいくならバンコク寄って行こう」と提案?!
ぜんぜんついでになってない様な気もするが
こちらも合わせてまたご報告しましょう



posted by ヨシ at 02:04| Comment(0) | ザ・バイヤー(食材情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

ロッキーの目標

2月17日(火曜)
下期の政策発表とともに労働組合の定期大会です。
この数週間、春闘予備選も含めかなり厳しい日々が3週間ほど続きました。
会社も中途半端な状態で上場などしてしまったものだから
この不景気の中で、数字合わせに苦しむのです。
そのあおりをまともに受け、それを従業員の人件費で補うといる
最悪なストーリーに陥ってしまってます。
ただ、そのままでの妥結はできないので踏ん張るとこは踏ん張るの
ですが会社の存亡が・・・・まで言い出したらもう何もできませんやん

そうさせたのは、不景気の部分もあるけど経営陣の問題もありまっせ

そんなこんなでなんとか妥協点を見出すのだけれど
結局、今期どんなけやれるかが勝負のポイントです。


それを定期大会の中で組合員(300名)大会参加者100名に説明するのですが、正直そのプレッシャーと自分の力不足に悩まされました。
自分では熱意をもって説明しわかってもらったつもりですが
そのあとの社長の政策発表のヘナチョコさには怒りよりむしろ
情けなさを感じてしまった・・・・・・あかんて愚痴は


結局、経営陣にも期待せず社内でもやる気のあるヤツで目標を持ってやっていくしかないのですね


定期大会の最後に、委員長からみんなに個人個人でも目標もってやっていこうと話すので
「ロッキー」の例なんかをしました。

ロッキー1見ましたか?
ロッキーは実はあのロッキー1の中で最後にアポロには勝っていないのです。試合には負けたのです。なのにどうしてあの最後のシーンは印象に残っているのでしょうか「エイドリア〜ン」

ロッキーの目標はアポロに勝つことではなかったのです。
15ラウンド最後まで立っている事が目標だったのです。
そして、いくらパンチを食らってもダウンしても最後までたっていた
そして最後のゴング、
そこまで行ったら判定はもうどうでもよかった
ボロボロになって目標を達成したロッキー、それで大満足
逆に勝ったアポロの方が白けてましたよね


それでいいんですよね
自分の決めた目標、それが小さくてちっぽけでも
でもそれに向かって立ち向かっていく
そこが大切なのだというメッセージが込められているのですよね


どうですか
もし、このブログ記事を読んだ方の
心の中にほら、「ロッキー」のテーマが流れてきていませんか


みんな厳しい時期ですが
頑張りましょ・・・・

♪タ、ララ〜
♪タラ〜ラ
♪タララ〜ラ、ララ〜
posted by ヨシ at 00:18| Comment(0) | 激務との戦い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

春闘予備線

今日はかなりきつい一日でした。ふらふら
世間での春闘はだいたい2月からはじまり3月中に決着なのですが

この不景気のあおりをまともみ食らってている外食業界はどこも苦戦です。
我々の労働組合も大きな上部団体に所属し統一賃金交渉なるものがあり
目標金額をそこで決められます。

だた各会社により給料の制度が違いテーブルもバラバラなので
うちの場合はまずそのままの形では会社にだせません。

ウチも例外にもれずキッと業績をおとしておりますので
今年の春闘は予算作成段階から決めたいという部分もあり
すでに労使協議会の名の下に今日が2回目の交渉です。


なんと7時間ぶっ続けで会議室にこもる事になり
そうなったらこっちも半分意地になりどこまでもいったる
つもりでしたが、7時間もやってると最後はどーでもよくなってきます。
しかし、気持ちの底には「あかん、アカン、組合員は300人おる」
そのためにいまできる事は・・・


ちなみにその7時間の労使協議の前に、上部団体への上納金の
交渉を約1時間半、しかもアウェイに乗り込んでの交渉


正直、疲れた
ほな早よねたらいいのになぜかブログ書いてる。




それから今私の車の中では
オバマ氏の就任演説(勝利演説)がずっと流れています。
何いってるか分からないけど訳文を読みながら車の運転してます。

Yes、We Can!!

その言葉だけでもポジティブになれる
また、こうした交渉ごとにもめげない



と、ま〜前向きに考えましょう。
この団体交渉もまだ続きます。





posted by ヨシ at 01:40| Comment(0) | 激務との戦い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

節分

今日は節分

恵方巻き、ウチの会社も販売しており
本部用は約400本
そのうち150本は巻かせていただきました。

豆まき
どちらのおうちでも、外に向かってやったりしますが
ウチでも数年前から「さざえさん」のやり方を採用し
数粒づつビニール袋にいれそれを鬼役に投げる。
かなり盛り上がりますが基本的には私が鬼です。

あの恵方巻きは
たこ昌の社長がもともと海苔屋でそういった食べ方を
考案したのがはじまりなんだそうです。


しかし、最近購買、メニュー開発(春メニュー)、予算作成(来期分)
おまけに組合(春闘直前)とかなり忙しいです。

でも愚痴らない
まだいける?
なんぼでもきてや??

嘘でも書いとこ

posted by ヨシ at 01:03| Comment(0) | 激務との戦い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

算数道場002

昨日のつづき

25×17

40×18

73×77

などなど、どれもこの先生の話をきけばたった3秒。
はじめはインド式系かなと思ったがその理屈(理論)まで
説明しながら教えるのでみんなの頭に入っているのででょう。
内容がこの塾の企業秘密の可能性もあるので詳細は避けますが。
40×18などは、この式の中へ同じものを掛けて、同じで割れば
結果は同じになる。との事でした。

つまり40に2を掛けて、18を2で割る
=80掛ける9になって ありゃ不思議720とは誰でもできる。

こんなのをいろいろ教えるていくのですが
まさに低学年のクラスの子がいまからそんなんマスターできたら
数年後の受験の時はどんなになっているのでしょうか

うちの娘はすでに6年生ですが
目的が「算数が好きになる事」だったので
いい機会だとおもいます。



最後にこの算数道場は親も見学できるのですが
そこに来てた奥さんたちはみんなすごくイイ服を着ていました。
帰りの電車でヨメが
「なんで塾にあんな綺麗なカッコウでくるのよ?」
なんていうものですから
「アホ、あれが普段着な人ばかりが来てるんや」
つまり、まわりはボルボでスーパーに買い物にいきそうな人ばかりということです。
ちなみに我が家はふたりそろってGパンです


posted by ヨシ at 00:48| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

算数道場01

早いものでもう1月も終わり2月がスタートしましたが
中学受験生達の学年は2月から新学年となるため娘の場合は
新6年生という事になります。

前回記事の塾の成績に書きました様に大体の結果が発表となり
娘の通う塾は昨年より成績がよく雰囲気のいい状態での新学期です。

あいかわらず算数に不安のある娘にどうしようかと悩んでいた時に
「プレジデントファミリー」に算数道場の記事があり
なんでもカリスマ講師の事でいろいろ調べていたら
丁度この時期(当たり前なんだけど)新コーススタートに付き
生徒募集という事で申し込んでみた。

あとから分かった事ですが、人気があるためはいるのもかなり困難ですごい倍率だとか。
でも入学の試験もなくただ決められた日の正午からメールのみの先着順という事だった。
それならと、こちらはGショックの電波時計を構え(その前に送信チェック済み)
準備万端で正午+1秒で送信した。
・・・・昔電話でコンサートのチケットとる時の様に・・・
(ちなみにそのチケットはレベッカだったけど3列目ゲット、う〜ん若かった)

うまくいってなんとか権利ゲット
その初日が1日でした。

たしかに完全大阪のりで、なんでも関西の大手塾の元講師で
多いときは灘の3人に一人がこの方の教え子という時期もあったそうです。
娘の入ったコースは基礎的な内容なため学年の低い子(4・5年生)が多く
娘もはじめは少し引いていたが授業が始まるとそんなもの吹き飛んだ。
先生のネタの面白いのもさる事ながら内容は決してド基礎でなく
生徒達の頭もフル回転でついて行く事になります。

25×17を3秒で答えます。

中には頭のいいだろうよくしゃべる男の子なんかもいて
先生が「脳は2つのもので動いているんだけど何やとおもう?」
「一つはブドウ糖、もう一つは?」なんて聞いたら

この男の子、「自民党」って答えよった

親も授業を見ることはできるのですが
思わず私はコケそうになりました。

先生はおもろいやん・・・・




この話、長くなるので続きは明日・・・





posted by ヨシ at 01:22| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。