2008年11月10日

モンスターと日曜参観01

昨日、日曜参観にいきました。
通常の参観日は年間4回くらいあるのですが
日曜参観は年に1度しかありません。

ウチの子の小学校は午前中に授業をうけ
希望者のみ午後からのイベント(親子で工作等)を実施します。
これまで、娘とうどん作ったり、模型飛行機つくったりしましたが
低学年中心なので今年は不参加

年に一度しかいけないので毎年必ず日曜参観にはいきます。
クラスの雰囲気
娘の過ごしている空間
友達との会話
また、担任の先生
この時しか見ることができません。

今年5年生になる娘の担任は若い男の先生で雰囲気はすごくよかった
授業は道徳でしたが内容は結構面白く構成されていました。

前回の「教育」カテゴリーの記事の中で
なんで誰もいない正面を向いて組み立て体操するねん
せっかくやから、こちら(親の方)向いてやってくれよ」と文句いってましたが
それが通じたか(そんな訳ないか)
授業のはじめにリコーダと歌
最後に「雨ニモマケズ風ニモマケズ」の暗証を
後ろ(親の方)を向いてしてくれました。
・・・・よく考えたら、参観日って子供の後頭部ばかり
見ていなければならないですよね。


本番の授業は
相田みつおさんの詩

花を支える枝
枝を支える幹
幹を支える根
根は(    )だなあ


この括弧の中には何がはいるかな?
といった話から、本当に大切なモノは・・・といった内容

「相田みつおさんって知ってる」って子供に聞いたあと
「せんだみつお ちゃうよ」って

オイオイ、そのほうが子供にはわからんよ
「ナハ!」ゆうてる子供は見たことないで

でもね、こんな問題を出したら
子供達は好き勝手なこと言うのですが
それを「なるほど」「なるほど」って聞いてあげる姿勢が
とても私的には共感できた。

娘は今のクラスが4年生の時のクラスと比べて楽しい楽しいいってる
のがなんとなく感じることができました。

ちなみに
上の詩の最後の行は
根はみえねんだなあ」でした。

打っていて思ったのですが
相田みつおの詩をパソコン(ワープロ)で
打つとなんか間が抜けていますね。
あの、書体だから味があるのですね


モンスター(ジュニア)の登場は明日です。


コピー 〜 banner2.gif
↑  ↑  ↑
いつものポチッとよろしくお願いします。
それが励みになっています。
また、コメントもお待ちしています。

posted by ヨシ at 00:50| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。