2009年01月18日

大阪私立中学入試初日

能開センター
希(のぞみ)
浜学園
日能研
馬渕

大手進学塾(中学受験)です。
四天王寺の駅を降りるとその学校まで旗を持ったスタッフの方が立っています。この駅のすぐ近くに四天王寺と星光学園があります。どちらも大阪では男女のトップ校です。
校門の前では、それぞれが待ち合わせ場所となっているため
何十本もの旗(のぼり)が立ち並びます。
少し異様な光景です。さすがに写真は少し不謹慎なのでやめました。
生徒数は塾によりマチマチで大手でも
その年にその学校を受験する生徒数が少なければこじんまりしてます。

この日はもちろん受験する子供達にとってもそうなのですが
塾としても一年の結果がほぼ出てしまう日なのでかなり気合は入っています。関西では灘に何人入れるかがその塾のレベルとなります。
もちろん灘は東大に何人入れるかが関東勢との競争となります。

娘の通う塾は大阪だけの中堅で4校ほどあり1学年300から400人くらいです。
まだ志望校は絞り切れていない状態ですが大阪の女子のトップレベルは
四天王寺か清風南海になり、それぞれに上位コースを持っています。
男子の灘や東大寺といった超トップレベルの学校は女子にはないので
先の2校の上位コースがトップとなります。
今の段階ではなんとも言えないのですが
どうせ中学受験やるならトップクラス狙える様努力しようと
今日は見学に行ってきした。

校門前で集合して、受験生たちが学校に入る前に
塾の先生から少しずつ励ましの言葉があり
その中で
先生:「○○さん今日はここへ何をしに来たの?」と、聞きました。
私などは、考えが浅はかなので「そりゃ受験に来たんやん」と
思ったらその女の子が
女の子:「合格をもらいに来ました」と、答えた
先生:「そやね、その答え欲しかってん、みんな頑張っておいでや」
「普段の力の出せたら絶対合格や、でも完全には無理やから少しでもミスのない様にまた、時間配分が勝負」と生徒達を見送った。
四天王寺の場合は、発表のタイミングの関係で
その子たちは3から4日連続で受験する事になります。
こころから応援でしています。

しかしあの「N」と書いたリュックを全員が使用している
「日能研」はなんとなく圧倒されたけどなんか笑える。


娘にはまだ時間はある
でもすでにカウントダウンが365からはじまった・・・

コピー 〜 banner2.gif
posted by ヨシ at 00:16| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。