2009年02月03日

算数道場01

早いものでもう1月も終わり2月がスタートしましたが
中学受験生達の学年は2月から新学年となるため娘の場合は
新6年生という事になります。

前回記事の塾の成績に書きました様に大体の結果が発表となり
娘の通う塾は昨年より成績がよく雰囲気のいい状態での新学期です。

あいかわらず算数に不安のある娘にどうしようかと悩んでいた時に
「プレジデントファミリー」に算数道場の記事があり
なんでもカリスマ講師の事でいろいろ調べていたら
丁度この時期(当たり前なんだけど)新コーススタートに付き
生徒募集という事で申し込んでみた。

あとから分かった事ですが、人気があるためはいるのもかなり困難ですごい倍率だとか。
でも入学の試験もなくただ決められた日の正午からメールのみの先着順という事だった。
それならと、こちらはGショックの電波時計を構え(その前に送信チェック済み)
準備万端で正午+1秒で送信した。
・・・・昔電話でコンサートのチケットとる時の様に・・・
(ちなみにそのチケットはレベッカだったけど3列目ゲット、う〜ん若かった)

うまくいってなんとか権利ゲット
その初日が1日でした。

たしかに完全大阪のりで、なんでも関西の大手塾の元講師で
多いときは灘の3人に一人がこの方の教え子という時期もあったそうです。
娘の入ったコースは基礎的な内容なため学年の低い子(4・5年生)が多く
娘もはじめは少し引いていたが授業が始まるとそんなもの吹き飛んだ。
先生のネタの面白いのもさる事ながら内容は決してド基礎でなく
生徒達の頭もフル回転でついて行く事になります。

25×17を3秒で答えます。

中には頭のいいだろうよくしゃべる男の子なんかもいて
先生が「脳は2つのもので動いているんだけど何やとおもう?」
「一つはブドウ糖、もう一つは?」なんて聞いたら

この男の子、「自民党」って答えよった

親も授業を見ることはできるのですが
思わず私はコケそうになりました。

先生はおもろいやん・・・・




この話、長くなるので続きは明日・・・





posted by ヨシ at 01:22| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。