2009年09月21日

完璧歴女

「先生は、直江兼続の妻と長女・次女の名前と知っていますか?」
いま、天地人が「関が原の戦い」まできていて面白いですよ・・・

娘が学校の担任の先生と毎日している交換日記にこんな質問を書いていた。
(交換日記は一冊のノートを真横に半分に切り毎日やり取りするというもので、生徒とのコミニケイションとしてはいい手法だと思います。)
しかし、この質問にはちょっとまいっていまうやろな〜

多分ネットで調べる思うけど・・・・


大河ドラマの流行で「歴女」なんて言葉も生まれ
もともと社会マニア(いやあそこまで入ったらオタクの域や)の娘は
完璧にはまりきっています。

しかし、歴史のここまでマニアックな主人公(上杉景勝の家臣)などは
男性の専売特許みたいな所があったのにそれに少し女性が振り向くと
この様な造語までできるほどの影響力があるのですね

ほかにも男子御用達だった鉄道マニアに「鉄子」がいたり、
 今や「アラサー」、「アラフォー」も堂々と市場を席巻し、消費を支える巨大な“塊”となっています。

ガールズショーなんてのも東京だけでなく大阪でいろいろイベントやってますね。

いやはや、恐るべき女性人たちよぴかぴか(新しい)




その質問をぶつけられた父は・・・

娘:「じゃ、パパ知ってるの?」

ワテ:「知ってるよ。妻はお船(ふね)やろ、娘はよく知らないけど  」

娘:「??」

ワテ:「フネの娘なんだから、長女はサザエ、次女はワカメやろ」

娘:「ガクッたらーっ(汗)それサザエさんのボケのつもりやろ」
  「ちなみに、あれお船って書いて(おせん)て読むんですけど・・・」


個人的に常盤貴子好きやかから役名覚えてたつもになのに
すべってしまった。

やはりこの歴女はあなどれない
私の「信長の野望」レベル(昔からあるゲームで沢山の武将がでてくるので昔の男子はこれで武将名と能力と覚えてた人が多い)より
かなり上いってるのかexclamation&question




posted by ヨシ at 16:41| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。