2009年10月13日

雑草魂ー02


昨日の話の続きなのですが

ヨメの話で、先日塾で懇談会がありその空き時間に
他のお母さん達と一緒にお茶にいく事になったそうです。

基本的にそういう会合の嫌いなヨメですが
この時期情報交換も兼ねていい機会かと一緒に6人ほどいったそうです。

全て女の子のお母さんなのですが
そううち3人は常にトップ10に入っている子の親御さんで
残りはウチの含めて第二グループといった所です。

そこで判明した事実として、成績上位から
Aちゃんところのお父さんは医者
Bちゃんところは弁護士
Cちゃんところは会社社長
ウチの娘をはさんで
Dちゃんところは学校の先生
Fちゃんところはサラリーマンだが資産家


おーい、娘はなんちゅう不利な状況の中で闘っているんや!
ごくごく一般サラリーマンはウチだけや

つまり、学校の先生トコ以外にはお金があって
塾以外にも、空きの曜日にはプロの家庭教師がいるって事と
学校の先生はそれを雇わなくても自分で教える事できる。

もちろんウチにはそこまでの余裕がないから塾一本です。
その話しながら、娘の叩いて「その中で対等に闘っているお前はスゴイ」と
大笑いしてしまった


ま〜笑ろててもしょうないから
それやったらそれで、親も無い知恵絞って一緒にやるだけですけど・・・



また、ヨメはめでたい性格でそこでの話の中で
「Aちゃんも、Bちゃんも、Cちゃんも毎日8時間ゆっくり睡眠とってるらしいよ」
ワテ:「アホ、そんなん全部ウソや!  別に他の子を油断させようとかそういう考えはなくて
やっててもやってないと言うのが世の親ゆうもんや」
「で、お前どうゆうてん」
ヨメ:「8時間(-_-)zzz寝てる言うた」
ワテ:「ほれ、みてみ〜、」

・・・・実際は6時間半から7時間以上寝る事は有りません。


娘には
「なんかまわにみんなサラブレッドばかりの競馬に、駄馬出てるみたいな気になったらあかん」
「サラブレッドは少しつまづいたら、こけるかもしれないしコケて骨折でもしたらレースにも出れん
最後は駄馬の方がちからあるし、別に1番で満点とって合格する必要ない」
「あと100日や、このまま雑草魂で最後までいくで」



ポチッと応援お願いします。
↓  ↓  ↓

コピー 〜 banner2.gif
posted by ヨシ at 00:29| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

雑草魂−01

中学受験まであと100日をきりました。
このブログもなかなか更新できないのですが
神経と時間がそちらに集中しているのは確かです。

6年生の2学期に入り学校の行事も多いのですが
それに加えそろそろ第一志望の学校やその他の受験する
学校を決める時期になってきています。

と、いうのも塾を含めここからは過去問の勉強に入るため
志望校は早く決めた方がいいです。

そんな中、先週、今週と学校説明会に出かけました。
大阪の女子・共学はレベの分布の仕方がどちらかというと
下に多く、上位校、難関校の数は男子の方が多いです。

本日は、帝塚山(奈良)
さすがにお嬢様のイメージと周りの雰囲気
(奈良の学園前は高級住宅街)
また、大学への進学実績なども申し分ない進学校です。

しかし、その駐車場がおもしろくて
ベンツ・ベンツ・とんでBMW・ベンツ、とんでベンツ
と、こんな感じです。
父兄の奥様がたの服装もやっぱ違っていて
ヨメなどは「学校説明会になんであんないい服きてくるの?」
ワテ:「アホ、前にもいったけどああいう人はあれが普段着や」
(前にもこんなんあった)

まっ、普通の人もGパンの人もいたからあんまり気にしてないけど
でもそのGパンはユニクロちゃうよ、最低DIESELやったけど


実際は少し遠いから悩むのですが
学校は最高にきれいでいいところでした。
でも、できた友達がお嬢様たちだと友達関係も難しいかな?
余計な心配までしてしまいそうです。





posted by ヨシ at 00:45| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

小学最後の運動会

DSC02416.JPG 本日運動会

 良く晴れた一日でしたのでいやでも日焼け→鼻の頭、真っ赤です。
 さすがに最後の運動会という事もあり6年生の父兄の感じ方はこれまでと違う事でしょう。

 6年生のリレーと組み立て体操はそのトリとして
 最高に盛り上がります。

よく見ると、幼稚園や小学低学年から見たことのある
娘の友達や、男の子達も大きくなっていてびっくり

一緒に踊っていた友達は、陸上をやっていて
リレーのアンカーで最終抜いて一位になっていました。


組み立て体操は昨年も書いたのですが
もっと親の方を向いてやれる様にして欲しかったな・・・・


でもピラミッドのレベルは自分達の時代とは違い
その高さの演出に関心させられます。


そして最後のポーズを決めた時

子供達の心には
「ここまでみんなでやったよ」
親達の心の中には
「あんな小さかったウチ子がここまで大きくなったんや」

先生が涙流して
父兄が涙流して
平原綾香の「ジュピュター」流れて
おわり・・・・・


でも今年は一つ工夫があって
ピラミッド崩しながら1列ずつ子供達が走ってきて
担任の先生4人とハイタッチ
父兄の観覧席の前にきて1列に並んで一例


・・・・・このときの子供達が本当にいい顔しています。
一番前で、一眼レフで撮った写真は多分最高の一枚に撮れていると思う。




またランキング始めます。
ポチッと応援お願いします。
↓  ↓  ↓

コピー 〜 banner2.gif

posted by ヨシ at 19:14| Comment(2) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

完璧歴女

「先生は、直江兼続の妻と長女・次女の名前と知っていますか?」
いま、天地人が「関が原の戦い」まできていて面白いですよ・・・

娘が学校の担任の先生と毎日している交換日記にこんな質問を書いていた。
(交換日記は一冊のノートを真横に半分に切り毎日やり取りするというもので、生徒とのコミニケイションとしてはいい手法だと思います。)
しかし、この質問にはちょっとまいっていまうやろな〜

多分ネットで調べる思うけど・・・・


大河ドラマの流行で「歴女」なんて言葉も生まれ
もともと社会マニア(いやあそこまで入ったらオタクの域や)の娘は
完璧にはまりきっています。

しかし、歴史のここまでマニアックな主人公(上杉景勝の家臣)などは
男性の専売特許みたいな所があったのにそれに少し女性が振り向くと
この様な造語までできるほどの影響力があるのですね

ほかにも男子御用達だった鉄道マニアに「鉄子」がいたり、
 今や「アラサー」、「アラフォー」も堂々と市場を席巻し、消費を支える巨大な“塊”となっています。

ガールズショーなんてのも東京だけでなく大阪でいろいろイベントやってますね。

いやはや、恐るべき女性人たちよぴかぴか(新しい)




その質問をぶつけられた父は・・・

娘:「じゃ、パパ知ってるの?」

ワテ:「知ってるよ。妻はお船(ふね)やろ、娘はよく知らないけど  」

娘:「??」

ワテ:「フネの娘なんだから、長女はサザエ、次女はワカメやろ」

娘:「ガクッたらーっ(汗)それサザエさんのボケのつもりやろ」
  「ちなみに、あれお船って書いて(おせん)て読むんですけど・・・」


個人的に常盤貴子好きやかから役名覚えてたつもになのに
すべってしまった。

やはりこの歴女はあなどれない
私の「信長の野望」レベル(昔からあるゲームで沢山の武将がでてくるので昔の男子はこれで武将名と能力と覚えてた人が多い)より
かなり上いってるのかexclamation&question




posted by ヨシ at 16:41| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

小学6年生の夏休み


この夏の娘の勉強時間の目標は400時間以上!!
これは塾からの命題です。

40日の夏休みで400時間(一日10時間)
こんなに勉強した事は親の自分でもない

でもおそらく塾の狙いはこの期間のレベルアップもさる事ながら
この400時間のやった事を本番の試験への自信とさせる事
なんでしょうね

さすがにちょっと心配で娘に「大丈夫か」と聞いてみたら
「みんなもやってるから大丈夫。
 でも400時間という事は12時間づつやれば33日だから、
 お盆の7日は遊んでいいか・・・・・」

だとさ・・・・完全に一枚上手である。

_____________________________________________

結局、お盆に映画1本見ただけであと勉強していた娘に
夏はなにもしてやれなかった


よし
第一志望を合格したら、会社から何言われても連休とったる。
(最近は2連休すらとった事ないけど・・・)

ワテ:「おまけに好きな所に行くゾ、どこやグアムかバリがオーストラシアか?」

娘:「でもパパ、塾でお金つかってしまってないのんちゃうの?」

ワテ:「アホ、親の懐まで心配すな」
   「君の親には、まだその親がおるから・・・・・(おばあちゃんよろしく)」
posted by ヨシ at 01:22| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

朝倉算数道場

朝倉算数道場.jpg 少し前に書いた記事・・・
 娘は6年生の夏休みに突入し塾の講習も
 かなり集中するため、楽しく勉強できた算数教室も
 7月いっぱいで終了しました。

 つくづく感じる事は、中学受験もまさに情報戦です。

今回お世話になった算数教室は「朝倉算数道場です。」
もし、関西圏で算数のできないお子さんに悩んでいる方は
ホームページもリンクしていますので検討してみてください。

ただ、すごく人気のある算数道場なので
年度替り以外は難しいかもしれません。

すごく早い時期から来ている子供も多いです。
娘のクラスも決してレベルの低いものではないのですが
6年生は1人か2人であとは殆ど4年生くらいでした。

情報的にもっと早い時期から娘も行くことができたら
もう少し算数の力もついていたかもしれません。

とにかくエネルギッシュな先生です。
ギャグのネタは新旧イロイロで、親も見学できるので
私などは毎回参加していて、

ギャグのたびに内心ツッコミいれてました。
「・・・・そんなアホな」
「・・・・そんねヤツおらんやろ」

でもそのクラスの男の子(たぶん4年生)でも
びっくりするくらい何でも知っていて
普段メチャクチャうるさいのに、算数は良くできる。

たぶんそんなタイプの子が灘なんかにいくんでしょうね。


写真は、豚インフルエンザの流行初旬に
「豚インフルエンザにかかって、豚になってしまいました」
と、被り物をしたまま授業をしていた様子です。

こんな授業ですから、楽しくてしかたない感じです。
でも、授業の中で出てくる各問題の解法のワザは関心するものばかりです。


道場後の娘の算数はテストで4連勝中でしたが
このお盆前でまた落ちました。

算数ジュットコースターの波は最後まで続きそうです。



朝倉算数道場
http://www.asa-sansu.com/

ちなみにメールでしか質問に答えてもらえません。


posted by ヨシ at 02:25| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

子育て座談会

子育て座談会

本日18時より労働組合の上部団体から機関誌を毎月だしているのだが
今回のテーマが「ワークライフバランス」ということで
なかでも、男性の子育てへの接しかたについての座談会を行うので
お願いできないかとの事で、普段上部団体に対して何も出来ていないので
たまには「私でお役に立てるなら」と引き受けた。


メンバーは6人で事前に投げたれたテーマのもと
いろいろと話すといった内容で 知らない他の組合の人ばかり。

最近はなんか全然知らない人の中に顔を出すこともあまり苦ではなくなった。


・・・・ちょっと成長か??

@家族写真持参
Aプロフィール
B子供とのかかわり方(1日のスケジュール)
C嬉しかった事、苦しかった事
D仕事との両立で苦労した事
E子育て前と後で変わった事

以上がレジメで
それぞれ子供の年齢も違うし会社での仕事の時間もちがう
若いお父さんが2人いて子供も0歳児。
はっきりいっていま一番大変ですね。

まっ、熱心な人ばかりあらかじめ選んできているから
スタッフの女性は逆に少しびっくりしてましたね

ウチの場合は受験の関係もあり
毎日夜11時から12時の1時間は必ず2人で算数する。
とか、月に一度はパスタを作るなどあまり他に例のない内容なので
変わりダネとしては結構よかったかもね


でも、話していて最後に感じたことは
子供は親が育てているものだと思っていましたが
必ずしもすべてがそうではなく結構、娘を通じて学ぶ事で
逆に成長させられている部分もあるよな・・・・



ちょっと優等生ぽいか



でも、最近の夫婦の会話って考えたら子供の事ばかりです。
一匹息子(日本語は話せないないのに時々英語を話します。
・・・2語ですが→One と Can)もいますのでそのネタもありますが
基本子供の事ばかり

5年生のとき林間学校で2泊3日で娘がいない時などは
夫婦水入らずどころか、逆に会話がなくなる。
あ〜はよ帰ってきてくれ〜

そんなご夫婦ないですか・・・・・将来はご注意を


posted by ヨシ at 01:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

オープンキャンパス

ph_garden1.jpg

 大阪女学院 オープンキャンパスへの参加

 結構人気もありネットで予約して人数も制限されていて
 内容的にも体験授業などを準備してくれていたので
 娘は楽しかったようです。

大阪女学院はランク的には中堅になるのかな
難関とまではいかないまでも
高校の英文科は有名
また、短大の英語も有名で
卒業するのに一般の単位に加えてTOEICのスコアが必要になり
なんでも95%以上とらなければならないみたいです。

中学の英語のスタートと共にTOEICについての勉強もある様です。

でもなんといっても
学校がきれい、緑が多くキリスト教という事もあり
私立の女子高を絵にかいた様な学校でした。

私の学生時代(かなり昔)の
私は私立の男子校でしたので女子高のランク・レベルについては
クラブの先輩から伝授されました。

ちなみにこの場合のランク・レベルは
ルックス、可愛さ、制服をチャックしたものですが・・・

いかにその女子高の文化祭チケットをゲットするかが
その当時の男子校の話題ではありました。

残念ながら、女学院のチケットは入手困難で先輩もあきらめていました。

・・・・・なんの話か訳分かりませんが


女子高におっちゃんがいってもいいの?
なんか逆に恥ずかしいのだけれど・・・・と思いきや
結構、お父さん方もおられました。
まっ、娘を預けるかもしれないのだから当たり前か


しかし
一抹の不安が、私にはありました。


「男性用トイレはあるのか?」

そりゃ、あるだろうが数はメチャクチャ少ないはず
私のいた男子校にも女性用トイレは職員室の横しかなかった


・・・・さらに訳の分からない事になってしまったが
早い時期に志望校を決める方が子供のモチベーションにはつながる
事はよく理解できているのですが、こういうのを見てしまうと
娘もよけいにブレそうです。
posted by ヨシ at 23:20| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

算数ジェットコースター

41D2ANTVRBL__SL500_AA240_.jpg
 涙の算数40点からの復活

女の子だからか
もともと数字が嫌いだからか
かなりいろいろやってもなかなか結果の出せない算数

先週の実力テストでは過去最低40点(150点満点)塾内65位(300人)
とほほ、、、

なのに社会75点(80点満点)塾内4位

完全、社会マニアの称号を担任の先生からいただいており
本人もその気になっていて社会の勉強はほっておいてもやってます。
暇があれば、日本の歴史(まんが)か少年ジャンプよんでます。

最近好きにテレビ番組は「天地人」
直江兼続が好きでいま上杉マニアです。

その熱心さを、もうちょっと算数に向けようと
とうちゃんとしても努力するもこれがなかなか

算数道場は相変わらず賑やかで娘も大好きです。
その先生、最近は朝のテレビにまで出る様になり
そんな話もあって・・・・


そのクラスはちなみにほとんどが小学4年生で
その中に混じってする事に対してはじめは違和感もあっても
そのレベルの高さに6年生の娘でもわからないところもありました。
まして4年生の女の子などは、こっそりノートを覗いてみても
ほとんど解っていませんでした

でも4年生でもバンバン答える子もいるのでびっくり
たぶんそんな男の子たちが灘中にいくんだろうな

少し遠回りかと思いながらもここまで続けてきて
さすがにスケジュールの関係で7月一杯で終了予定です。

まっ、テストもなく算数を通じての漫談みたいな部分もあるのですが
技の一つ一つはよくできていてそれを使って問題を解くと
頭にも残り、スピードも違う、公式を頭から教える授業とは全然ちがうものです。

家でもあらためて、
お父さんが教える算数を買ってきてやり直し中です。

さらに、算数だけ家庭教師を週1だけ付けるとこまでやる。(妻判断)
も〜ここまできたらトコトンいってしまえ〜  って感じです。
財布の事はほとんで考えていませんが・・・もうあと1年もなく7ヶ月なので
それくらいならなんとかなるやろ


そんな矢先、あのボロクソ40点の次の志望校合否判定テストで
105点(150点満点)

妻の一喜一憂は最高潮
私も含めて至上最強のジェットコースター状態

娘より先に、親がバテそうたらーっ(汗)
posted by ヨシ at 00:53| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

ほめられて人は育つんだよね

な、なんだこのブログもほったらかしだったのに
数日書いてみてなんとなくアクセス解析してみたらなんど118もあるではないか
本当は以前読んでいただいてた方からも更新が少ないので
見放されたかと思いきや、そんなにあるならもっと上を目指そう。


で、今日はほめる事について

左の「ほめられサロン」のサイトを試してください。
ご存知のかたも多いとは思います。
テレビやラジオでもよく紹介される様です。

確かに、子供頃はご飯を全部食べたでけでほめられた
でも今はどんなに仕事頑張っても中々ほめられる事って少ないよね
正直数えられる気がします。

でもこのサイトは最高ですね
とことんほめちぎってくれます。

疲れた時にもいいかもしれません。

このブログからでもいける様にしてますのでぜひ試してください。


ほめる事の大切さを話する時、よく例に使うのが
「スタジオ アリス」です。

いい服着せてもらって、化粧なんかもしてもらって
カメラの前に立つ娘は、カチカチで表情もかたかったのに
そのシャベクリの上手さと笑わせかたで
自然に笑顔になっていく様子を見てほめる事の大切さを感じさせられます。


いまは娘も大きくなり小学生ですが
一緒に勉強していて親の仕事はやはりほめる事だと思います。


部下のいる人は、少しでもできた事に対してほめなくてはならないでしょうね
それでなくても給料は減っていっているのだから


posted by ヨシ at 01:13| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

トムクルーズと算数

なかなかブログを続けのも難しくなってきました。
いいわけですけど、忙しいです。

でもね、何かこう構えすぎるのがきっとよくないのよね
まっ、ネタを集めようと意識する事もこれまた楽しくいいことだよね


その忙しい要因の一つが娘の中学受験
さすがに小学生に一人ですべて考えてやれ!
そのために塾に行かせているのだから・・・

と言う訳にもいかず、親として付き合うのだが
さすがに6年生になり本ちゃんの受験用の問題になるとかなり手ごわい
自分で理解するのがやっと、なんてのも多々ある。


しかしなんで問題もあんなに面白くないのかな
もっと楽しくしてやれば子供ももっと興味もつだろうとよく思います。

この間の問題で、
Å地点にからB地点にいく方法は2通り
B地点からC地点に行く方法は3通り
また、A地点からC地点に直接行く方法も1通りあり
同じ道を使わずに往復する方法は何通りあるか?

訳わからん?と思う方もいるかもしれませんが
問題そのものが面白くないよね

そこで問題を少し変えて
大阪から東京へは2通り(新幹線かバス)
東京からニューヨークへは3通り(飛行機か船か、泳ぐか)

・・・それ無理やろ(娘つっこみ)

あとトムクルーズは自家用ジュットで直接大阪からニューヨークまで行けます。

さてトムクルーズが往復する方法は何通りあるか?
同じ問題でもかなり子供には喜ばれますよね

・・・・でもパパ、トムクルーズやったらニューヨークからの往復になるんちゃうん?反対やん(娘)

・・・・アホ、トムは大阪に愛人おるんじゃ(父)

・・・・愛人って何?(娘)

・・・・・・・(父)

せっかく面白い問題に転換したのにいらん事いってしまった。



ちなみに答えは
大阪ー東京が2、東京ーNYが3で積の法則で6通り
帰りに同じ方法を使わないので、NY−東京が2、東京ー大阪が1こちらも積が2この二つの積で2×6で12通り

あと、トムは先にジェットで飛んで上の6通りで帰るか
先に6通りで行って後でジェットで帰るかの合わせて12通りあるので
答えは24通りでした。



答えは、24通り
posted by ヨシ at 01:32| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

算数道場002

昨日のつづき

25×17

40×18

73×77

などなど、どれもこの先生の話をきけばたった3秒。
はじめはインド式系かなと思ったがその理屈(理論)まで
説明しながら教えるのでみんなの頭に入っているのででょう。
内容がこの塾の企業秘密の可能性もあるので詳細は避けますが。
40×18などは、この式の中へ同じものを掛けて、同じで割れば
結果は同じになる。との事でした。

つまり40に2を掛けて、18を2で割る
=80掛ける9になって ありゃ不思議720とは誰でもできる。

こんなのをいろいろ教えるていくのですが
まさに低学年のクラスの子がいまからそんなんマスターできたら
数年後の受験の時はどんなになっているのでしょうか

うちの娘はすでに6年生ですが
目的が「算数が好きになる事」だったので
いい機会だとおもいます。



最後にこの算数道場は親も見学できるのですが
そこに来てた奥さんたちはみんなすごくイイ服を着ていました。
帰りの電車でヨメが
「なんで塾にあんな綺麗なカッコウでくるのよ?」
なんていうものですから
「アホ、あれが普段着な人ばかりが来てるんや」
つまり、まわりはボルボでスーパーに買い物にいきそうな人ばかりということです。
ちなみに我が家はふたりそろってGパンです


posted by ヨシ at 00:48| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

算数道場01

早いものでもう1月も終わり2月がスタートしましたが
中学受験生達の学年は2月から新学年となるため娘の場合は
新6年生という事になります。

前回記事の塾の成績に書きました様に大体の結果が発表となり
娘の通う塾は昨年より成績がよく雰囲気のいい状態での新学期です。

あいかわらず算数に不安のある娘にどうしようかと悩んでいた時に
「プレジデントファミリー」に算数道場の記事があり
なんでもカリスマ講師の事でいろいろ調べていたら
丁度この時期(当たり前なんだけど)新コーススタートに付き
生徒募集という事で申し込んでみた。

あとから分かった事ですが、人気があるためはいるのもかなり困難ですごい倍率だとか。
でも入学の試験もなくただ決められた日の正午からメールのみの先着順という事だった。
それならと、こちらはGショックの電波時計を構え(その前に送信チェック済み)
準備万端で正午+1秒で送信した。
・・・・昔電話でコンサートのチケットとる時の様に・・・
(ちなみにそのチケットはレベッカだったけど3列目ゲット、う〜ん若かった)

うまくいってなんとか権利ゲット
その初日が1日でした。

たしかに完全大阪のりで、なんでも関西の大手塾の元講師で
多いときは灘の3人に一人がこの方の教え子という時期もあったそうです。
娘の入ったコースは基礎的な内容なため学年の低い子(4・5年生)が多く
娘もはじめは少し引いていたが授業が始まるとそんなもの吹き飛んだ。
先生のネタの面白いのもさる事ながら内容は決してド基礎でなく
生徒達の頭もフル回転でついて行く事になります。

25×17を3秒で答えます。

中には頭のいいだろうよくしゃべる男の子なんかもいて
先生が「脳は2つのもので動いているんだけど何やとおもう?」
「一つはブドウ糖、もう一つは?」なんて聞いたら

この男の子、「自民党」って答えよった

親も授業を見ることはできるのですが
思わず私はコケそうになりました。

先生はおもろいやん・・・・




この話、長くなるので続きは明日・・・





posted by ヨシ at 01:22| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

塾の成績

大阪の私立中学の日程がほぼ終了し
合格発表も順次行われています。

合格発表の方法もまちまちで
いまでも一斉張り出しおスタイルは残っており
その前で数々のドラマ・・・いや運命の分かれ道かも
が繰り広げられます。

でも、最近ではインターネットでの結果発表も多く
なんか味気ないですが本人はかなりドキドキするでしょう。

でも発表までの時間はほとんどの場合が翌日等には出てくるようです。
しかし学校によってはその時間が長いため何校も受け続ける受験生もいます。


灘○人
東大寺○人
星光○人
四天王寺○人
清風南海○人

まだ、二次、B日程の結果待ちの場合もありますが
今年の娘のいく塾の成績は良かったようです。
実際、見学にいった時に四天王寺に挑んだ女の子の9割が
合格を勝ち取りました。・・・・よかったね

娘を向かえに行った時の塾全体の雰囲気が
とても明るく感じられました。

しかし、一年やってやっと結果が出る。
実際は一年じゃないその生徒が入ってきてはらずっとなんです。
それも受験生を介しての最終結果なのでかなり大変ですよね

そこに出た数字が塾の成績となり来年の生徒数への影響がでるのですから


また、中学入試の新学年は2月スタートです。
塾を変更する子も多いみたいです。

娘的には算数がやや苦手であるため
なんとか成績向上の作戦を立てたいのですが
算数の点数はかなり重要でここが弱いと少し厳しい戦いになります。
得意は理科・社会なのですが
どうも塾の先生の影響が大きいみたいです。
新6年はなんとかたのしい算数授業のできる先生があたる事を
祈るしかないのでしょうか・・・

社会でこの間なども
源頼朝と北条政子の話を娘がいうには
頼朝の方から政子にコクったそうです。(コクる・・・告白する。)

なんて授業ならなんか楽しそうです。

さてどうしたものか・・・
posted by ヨシ at 01:10| Comment(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

大阪私立中学入試初日

能開センター
希(のぞみ)
浜学園
日能研
馬渕

大手進学塾(中学受験)です。
四天王寺の駅を降りるとその学校まで旗を持ったスタッフの方が立っています。この駅のすぐ近くに四天王寺と星光学園があります。どちらも大阪では男女のトップ校です。
校門の前では、それぞれが待ち合わせ場所となっているため
何十本もの旗(のぼり)が立ち並びます。
少し異様な光景です。さすがに写真は少し不謹慎なのでやめました。
生徒数は塾によりマチマチで大手でも
その年にその学校を受験する生徒数が少なければこじんまりしてます。

この日はもちろん受験する子供達にとってもそうなのですが
塾としても一年の結果がほぼ出てしまう日なのでかなり気合は入っています。関西では灘に何人入れるかがその塾のレベルとなります。
もちろん灘は東大に何人入れるかが関東勢との競争となります。

娘の通う塾は大阪だけの中堅で4校ほどあり1学年300から400人くらいです。
まだ志望校は絞り切れていない状態ですが大阪の女子のトップレベルは
四天王寺か清風南海になり、それぞれに上位コースを持っています。
男子の灘や東大寺といった超トップレベルの学校は女子にはないので
先の2校の上位コースがトップとなります。
今の段階ではなんとも言えないのですが
どうせ中学受験やるならトップクラス狙える様努力しようと
今日は見学に行ってきした。

校門前で集合して、受験生たちが学校に入る前に
塾の先生から少しずつ励ましの言葉があり
その中で
先生:「○○さん今日はここへ何をしに来たの?」と、聞きました。
私などは、考えが浅はかなので「そりゃ受験に来たんやん」と
思ったらその女の子が
女の子:「合格をもらいに来ました」と、答えた
先生:「そやね、その答え欲しかってん、みんな頑張っておいでや」
「普段の力の出せたら絶対合格や、でも完全には無理やから少しでもミスのない様にまた、時間配分が勝負」と生徒達を見送った。
四天王寺の場合は、発表のタイミングの関係で
その子たちは3から4日連続で受験する事になります。
こころから応援でしています。

しかしあの「N」と書いたリュックを全員が使用している
「日能研」はなんとなく圧倒されたけどなんか笑える。


娘にはまだ時間はある
でもすでにカウントダウンが365からはじまった・・・

コピー 〜 banner2.gif
posted by ヨシ at 00:16| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

あと2日

あと2日

1月17日は大阪の私立中学校の入学試験初日です。
うちの娘はまだ5年生なのでのんびりしていますが
6年生達は最後の追い上げといったところでしょう?
娘も3年生の終わりから塾に通いはじめ中学受験に挑む事を
決めたのは5年生になってからです。

昨今よく言われる「ゆとり教育」の弊害で日本の子供の学力は落ち
世界ランクではトップのシンガポールなどにはかなりの差をつけられている状態です。
また、大阪は日本の国内でもかなり低く橋下知事もテーマを掲げやっきになっています。
11月に実施された府内のテストで市町村別のレベルの発表がどうのこうのと
各市町村の考えがありずいぶん揉めていましたね。
たしかに小さな町や村の数字が出てしうとそのものズバリに
なってしまうので確かに発表して欲しくないという気持ちも分かりますよね。
ても、吹田市みたいな大きな市がそれてお主張するのはどうかと思います。

個人的にはドンドンやって遅れているなら
挽回するためみんなで努力して競争すればいいと思うよ
その部分では、橋下知事は応援しています。

また、彼は子沢山でみんな公立に入れると宣言しているし
そのためにも公立のレベルを上げなければ・・・・

あの「ゆとり教育」などと打ち出した役員(文部科学省)の
子供はみんな私立だよ、きっと・・・
そんなん、ありかい

私の住んでいる市の公立中学校なども
乱れていて授業もなかなか進まない様な状態に陥る事があるそうです。
先日も、前から歩いて来た女の子がタバコをくわえていて
少し幼いかなと思ったらどうやら中学生らしいです。
後ろから頭、シバきそうになりました。

そうゆうのも見て娘は私立受験を決意しました。

それもあと1年まで迫ってきます。

親も大変(いろいろな意味)ですが
本人が一番たいへん

でもね
この時期にここまで努力するのだから
もし失敗しても必ず人生においていい経験になると信じて
走りつづけましょう・・・・・実際走るのは娘なのだが

今回受験するすべての子供達を応援しています。



応援お願いします。
↓ ↓
コピー 〜 banner2.gif

posted by ヨシ at 01:52| Comment(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

モンスターと日曜参観02

モンスターと日曜参観

テレビのドラマなどにもなりましたモンスターペアレントですが、
今回見た各親御さん達のなかにはそれほどすごいのはいないのですが
金髪でミニスカート、授業風景をビデオで撮り続ける主婦程度はいます。
→ずっと子供の後頭部取っていました。
人に迷惑を掛けている訳ではないのでそれほど気にしていませんが
「なんか違うやろ?!」と思うだけですね


で、昨日の続きで授業終了後
図書室でこの夏に行われた林間学校のビデオの上映会でした。
ヨメは帰りましたが、私は見にいきました。
簡単に20分くらいに編集されておりどこにいるかわからなかったのですが
1シーンだけ、娘のグループが映し出されその中ではとても楽しそうでした。

その後、グループ懇談なるものが行われました。
別に帰ってもよかったらしいのですが、その事を知らなかったのでなんとなく参加
同じクラスの父兄5人(男性2名、主婦3名+担任の先生)
ま〜いい機会だから先生に
普段の娘の事
今の子供達の雰囲気
学習の進捗
なんかも聞けたらな、と思っていましたが

実際は1人のご主人が
ひたすら息子の事を話し出し完全に独壇場
なんでも、親父の言う事を聞かない、いえば反発する
最近では口も聞かない、しまいには親に「死ね」「消えろ」まで言うと延々しゃべる
役員さんの主婦の方達も結構真剣に聞いてあげていたので
私もそのフリだけしといた

最後には、その息子が「宿題もしない。学校にもそのまま行く」とまで言ってて
それに合わせて
他の主婦が「学校では宿題を持って行かなくてもいいのですか?」
「もう少しそういう子は学校で見てもらえないですか」ときたもんだ。

余計な事はいうなとヨメに釘を刺されていたのでその場は聞いていたが
それ違うよ!?
その親父も宿題やってないの知っているならやらさなあかんし
言って反発するなら、引いてやる。
この場合は一緒になってやってやるところから始めないとあかんかな
クッション話法的に
「いやだ」といってきたら「そうやないややな、俺でもいややそんな沢山」
「できない」→「そやな、できないな」

「・・・実は俺もできなかった、だけど・・・
ちょっとづつでもやろか?わからんとこ一緒にやったる」
くらいの事せなあかんですよ

宿題は基本的に家でやるもので、
「それも学校でやってくれませんか?」になったらアンタ(親は)なんのためおるの
「それ親の責任ですよ」と、いいそうになった。
先生はまじめに受け答えしていたが「それは家庭で責任もってやらせてください。」
くらいいってもいいのではないかな?
そんな事いったらまた、どーのこーのと要らん問題になってくるんですよね
達のわるい、モンスタージュニアといったところですね

また、ゲームでキレやすくなる子供の話を他の主婦達もしていた、
実際、時間決めないといつまでもやってしまうし
決められた時間内が中途半端ならさらにイライラしますので
どっちにしてもあんまいいい事はないですね

ウチでも任天堂はDSとWii、プレステ2もあるけど
基本的にあまししないしチマチマDSやるんやったらWiiで娘と勝負してます。

最近の子供には、「3つの間」がないと言われます。
それは、時間、空間、仲間だそうです。
塾に追われ時間がなく、遊ぶ場所もあまりなく一人っ子の多い子供達の
教育、遊びの演出は今は「親の責任なのですよねきっと」


コピー 〜 banner2.gif
posted by ヨシ at 00:50| Comment(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

モンスターと日曜参観01

昨日、日曜参観にいきました。
通常の参観日は年間4回くらいあるのですが
日曜参観は年に1度しかありません。

ウチの子の小学校は午前中に授業をうけ
希望者のみ午後からのイベント(親子で工作等)を実施します。
これまで、娘とうどん作ったり、模型飛行機つくったりしましたが
低学年中心なので今年は不参加

年に一度しかいけないので毎年必ず日曜参観にはいきます。
クラスの雰囲気
娘の過ごしている空間
友達との会話
また、担任の先生
この時しか見ることができません。

今年5年生になる娘の担任は若い男の先生で雰囲気はすごくよかった
授業は道徳でしたが内容は結構面白く構成されていました。

前回の「教育」カテゴリーの記事の中で
なんで誰もいない正面を向いて組み立て体操するねん
せっかくやから、こちら(親の方)向いてやってくれよ」と文句いってましたが
それが通じたか(そんな訳ないか)
授業のはじめにリコーダと歌
最後に「雨ニモマケズ風ニモマケズ」の暗証を
後ろ(親の方)を向いてしてくれました。
・・・・よく考えたら、参観日って子供の後頭部ばかり
見ていなければならないですよね。


本番の授業は
相田みつおさんの詩

花を支える枝
枝を支える幹
幹を支える根
根は(    )だなあ


この括弧の中には何がはいるかな?
といった話から、本当に大切なモノは・・・といった内容

「相田みつおさんって知ってる」って子供に聞いたあと
「せんだみつお ちゃうよ」って

オイオイ、そのほうが子供にはわからんよ
「ナハ!」ゆうてる子供は見たことないで

でもね、こんな問題を出したら
子供達は好き勝手なこと言うのですが
それを「なるほど」「なるほど」って聞いてあげる姿勢が
とても私的には共感できた。

娘は今のクラスが4年生の時のクラスと比べて楽しい楽しいいってる
のがなんとなく感じることができました。

ちなみに
上の詩の最後の行は
根はみえねんだなあ」でした。

打っていて思ったのですが
相田みつおの詩をパソコン(ワープロ)で
打つとなんか間が抜けていますね。
あの、書体だから味があるのですね


モンスター(ジュニア)の登場は明日です。


コピー 〜 banner2.gif
↑  ↑  ↑
いつものポチッとよろしくお願いします。
それが励みになっています。
また、コメントもお待ちしています。

posted by ヨシ at 00:50| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

運動会にて思う事

本日娘の運動会
晴天だったのはいいのだけれど
暑すぎて大変な一日でした。

一人娘なので、出番は3回でその間もかなり開くので
見るところは少ないのに一日つぶされます。


その中で先生方に感謝すると共に
その教育現場の大変さが伝わってきます。


関心させられたのは
今回運動会が9月の23日ですから
すべての練習をこの3週間ですべて仕上げたところです。

確かに娘は毎日ヘトヘトになった帰ってきていました。


子供を楽しませる工夫もあり
校長先生もPTA協議に金の着物(マツケンサンバもの)で
教頭先生はカトちゃん、PTA会長はサルの姿で子供を盛り上げます。


運動会の花はリレーと組み立て体操です。
リレーではよその子なのに応援したり、抜いたら盛り上がります。


組み立て体操のピラミッドも写真にあるように
我々の時代とは次元の違うもので10段くらいになっています。

DSC01526.JPG




ただ、ちょっと問題もあって
運動場が狭いので、保護者が見れるのはトラックの南側のみでした。

すべての競技が、正面に向かって行われるため
みなんな横かおしりばかりみることになる。

正面といってもそちらも狭く
大会本部みたいなテントも建てられない状態で
その正面にはだれもいないのです。



とくに組み立て体操は約250名でするので
それでなくてもどこにいるか解らないし
おしりばかり見る事になるのもちょっと寂しいですね。


特に6年生の場合は最後ですし
あの巨大ピラミッドをつくって
テッペンの子が上に立った時に

子供達の心の中に
「ここまで出来た、ここまで育ててくれてありがとう」
親御さん達の心に
「1年生の時、あんなちっちゃかったのに大きくなったな〜」
大握手が起こって
平原綾香の「ジュピュター」が流れて
涙が流れて
感動のエンディング・・・・


と、そんな演出いるでしょう
それやったら、こっち向いてやった方が絶対ええんちゃうか


締めあまいわ、FANKY校長先生むかっ(怒り)

それと
子供の事、厳しくするのはいいけど
まず親からやろと思わせる、人が沢山います。
今年はかなり厳しくしタバコ、アルコール前面禁止になっていました。
そんなとこでビールのむ親おるの?と
思われるかもしれませんが
いるんです。
そういうタイプはそのあと顔真っ赤にして寝てましたわ

・・・・何しに来とんねん


熱く語っておりますが
ウチの娘はまだ来年あるねんけどな
期待しとこ


コピー 〜 banner2.gif

↑  ↑  ↑
応援よろしくお願いします。
posted by ヨシ at 01:22| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

わかった!?小学生の夏休み工作ー02

080827_001039.JPG昨日分の写真がアップロードできませんでした。
今回再度、試みます。


おまけなので
その工作と一緒につけた「銀河鉄道の夜」の中の
娘が抜粋したものの中で「さそり座」のくだりを紹介します。

ルビーよりも赤くすきとおりリチウムよりもうつくしく酔ったようになってその火は燃えているのでした。

「あれはなんの火だろう。あんなに赤く光る火は何をもやせばできるんだろう。」



続きを読む
posted by ヨシ at 02:42| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。